BLOG

サイト管理人のブログです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

リフレッシュスプレー。

本日はよもやま話回です。

何だかんだと11月も下旬ですね。今年があとひと月とちょっとで終わるとか聞いたのですが本当ですか、にわかには信じがたいのですけど…。そんな現実逃避中の私の脳内とは裏腹に季節は確実に冬へと向かっており、いつの間にやら部屋には電気ストーブが。

そろそろ始めましょうかね…。

と言うわけで優雅な年末年始を送るべく、小掃除を日々少しずつし始めました。今回は長年見て見ぬふりをしていた本棚の整理整頓。本棚とは名ばかりでその収納スペースの半分はCDだったりPCソフトのパッケージだったり、太古の昔に気の迷いで買ってしまったヘアアイロンだったり、数年に一度使用するラミネーター(2台)だったり…あとはいつか使うかもと思って出番はない辞書だったり。

ぬおぉぉ…!本棚が本棚じゃない、これじゃただの物置棚!!道理で本を購入しても収納するスペースが無いわけだ…。と言うわけで手放すものはもういっさいがっさい手放すゾイ!と鼻息荒く分別。
やっと空きスペースができました。ゆとり、大事。

来年は新しいモノを手にする時はまず何かを手放してから!ができる人になりたいです。余白のある人が憧れです。

まだ私の小掃除は始まったばかりなので、気持ち良く新年を迎えるべくこれから隙間作っては環境を整えていこうと思います。水を使う冷たい拭き掃除はできれば11月中に終わらせーる!!

さて最近空気が乾燥しているせいか、鼻が乾いたり心が乾いたりです(笑)。なので何か潤うものが欲しいなーと思ってたどり着いたモノを今日はご紹介します。

その名はアロマスプレー。

そのままですが香りのする水(笑)。自分の周辺にスプレーしてリフレッシュするようなアイテムと思っていただければ。市販のものもあるようですが、結構なお値段なので検索してそれっぽいの作ってみました。これがなかなか良くて、乾燥してるなーって時に室内にスプレーしたり自分が行き詰まってるなーって時、緊張の緩和など。アロマの香りでリフレッシュできます。作り方は検索でも色々出てきますが私のでよければ参考にどうぞー。

こんな感じでアロマはいろんな香りを好みでブレンドしても楽しいかと。ただブレンドする時は合計で10滴以内を目安に始めた方が良いかと思います。

携帯して外出先でシュッ☆っとリフレッシュするのもいいかもですね。気分って結構匂いで変わりませんか?私は左右されるタイプなのでこのスプレー良い感じですよー。

2019年11月27日

お仕事実例:マンガの場合。

そう言えば…ポートフォリオに掲載許可をいただいている作品を掲載してないぞ。と気付いた秋の夕暮れ。と言うわけで半年前に発売されたムック本「ねこバトル カレンダー」で猫のケンカをテーマに四コマ漫画4本描かせていただいた時の実績公開です!

猫好き&猫飼いなのですが、デフォルメしたネコを描くことってあまり無かったのでキャラクター練りにアレコレ思案した記憶があります。可愛いフォルム、愛嬌のある目鼻の位置はどんな比率なのか…。クロッキー帳に何パターンも描いて、時に迷走して、着地したのが上の猫たちです。

…可愛い(親バカ)

こちらは来年2020年いっぱいまでのたっぷり仕様です。すんごい表情の猫ちゃんたちが収録されてたりもするので、カレンダーをめくった瞬間吹き出しそうになります。※全国のコンビニやAmazonで発売中です(書店やセブンイレブンさんを除く)

と言う事で今日は漫画のお仕事実例を公開させていただきましたー!

2019年11月5日

クリスターっ!

なにかしら動いていたと思われる10月も流れるように過ぎ去り、今はもう11月…なんという早さ!このまま訳もわからない内に今年が終わるのではと思うとそら恐ろしいです。価格の割にとても美味しいホワイトホース(のハイボール)ぐらい恐ろしいです。スモーキーなのも好きかもしれない。

ま、ま、それはさておき。

近況と言いますか、最近着手している事がありまして…。それはもう近しい方々には耳タコの私の懸案事項、ポートフォリオです。これを語るととんでもなく長くなる割に、中身は極めて薄口な物語なのではしょらせていただきますが…まぁいつまで経っても踏ん切りがつかず幾星霜。もう何もかもが嫌になってしばらく旅に出ます…ではなくて、この事はお手上げ&棚上げにしてました。

その魔のポートフォリオに再着手しているのがこの最近のお話。今回は内容の話とかではなく。制作手段のちょいと話です。

前回イラレで制作して途中段階で挫折したのですが、今回はクリスタで作り直すことにしました。イラレは配置やデザインはしやすいのでページを作る上では楽でしたが、私はイラストをクリスタで制作しているので一旦画像データをPSD形式にした後、イラレに配置するのがまぁなかなかの手間。

私が注力するのはデザインの部分ではないのではないか…と思ったのです。(余力があればそりゃ見栄えにも気を配った方が良いに越したことはないのですが)
そこで一旦冷静になってイラレ編集の必要性を考えたところ、むしろクリスタ編集の方が私の性分にはあっているんじゃないかと思い、そちらで再編集。

んまぁ!楽チンです。

PSDファイルに変換する手間もなければ、イラレ⇔クリスタ間でソフトを切り替えたりしなくても良いし、ページを入れ換えたり差し替えたりの編集がとにかくスムーズです。ノンブルも自動で割り振ってくれますし。一元管理ができるので全ページを俯瞰で見ながら構成を整える事ができます。

…最初からクリスタにしておけば良かったんだな、ぐぬぬ…!と奥歯を噛み締めつつ、でもま今更悔やんでも感なのでクリスタの便利さを味わいながら完成させようと思っている所存であります。

※クリスタのページ編集・管理機能はEXのみです

2019年11月2日

シワ萌え。

あの暑かった夏が嘘のように秋めいて、朝晩なんかは少し肌寒いくらいになってきました。個人的には今の気温がすごく快適で、年中こんな感じだと良いのにと思うのですが…それはそれで飽きるかな(笑)。

服装も重ね着が程ほどにできるのも好きですし、ガーリーなイラストも秋服などは描いてて楽しいです。イラストの描いてて楽しいところは色々ありますが、表情やしぐさは勿論個人的にはシワ!!シワが描いてて楽しいです。なので他の人のイラストでもシワに目が行きガチです(笑)。
私の描くイラストでは大体シワは説得力のある線を最小限、としてますが密かに楽しんで線を入れているポイントでもあります。

シワって奥深い世界…線の入れ方に答えがあるようで無い、でも違うものもある。そんな謎の領域だと思うのですが、ファッション誌など実写で目が行くのはコーディネートと同時に布の質感、流れ方…やっぱりシワに目が吸い込まれる!!特に実写ならではの、自分の予想を裏切るシワ。それでいて理に適っているとかなり心くすぐられます。
そんな奥深い世界ですので、スルメのように長い間飽きもせず楽しんでおります。

さてマニアック過ぎる自分の癖をOPENにしたところで、普通の世間話でも…。

最近のハマりものの話です。

秋も深まり乾燥の季節がやって来ました。年中使用してますが、さらに出番が増えるのがワセリンです。前までは化粧水とか乳液とか使用してたのですが、お風呂上がりや手を洗ったあとすぐにワセリンをちょっと塗っておくだけと言う楽チンお手入れになりました。

すーごく楽です。

とは言えワセリンは潤いのフタ的な役目のはず。潤った上からすぐ塗る感じなのと、あと乾燥肌の度合いも人それぞれですので全力でおすすめはしませんが安価で使い勝手が良いのでこれからの季節のお供にいかがでしょうか…顔&体の保湿・手の保湿・かかとの保湿・あと唇も大丈夫っぽいです。あ、でもワセリンと言っても色々あるみたいなので、くれぐれも用量用法は良く読み守ってそれぞれご使用くださいな。
…回し者じゃないですぞ。
(※ワセリンは日光に弱い性質だそうです)

2019年10月13日

来年度の手帳。

10月。今月はハロウィンがやって来て、そこからクリスマス、年末かと思うともう今年の尻尾が見えているではありませんか。わー…そうか、今年ももう終盤戦なんだなぁ。薄くなったカレンダーを破りながら、来年度の手帳はどうしようかとぼんやり考えてました。

そしてあんまり悩むこともなく、今年と同じ所の来年度版が発売されていたのでポチっとな☆数日後、無事手元に届いたのが上の画像です。

週末野心手帳2020とカバー!!
(※カバーは市販の別売りです)

今まで手帳って言うと途中でカレンダーに書けば良いやーとなり、あまり最後まで活用することってなかったのですが今年はこの手帳で完走できそうなので、相性良さげかも?と。
もちろん途中からダレてましたが(笑)、何だかんだ毎日手にとって広げてました。今年版は分厚い仕様だったので好きなことを好きなように書いてました。で、来年度は若干薄くなっているので持ち運びもしやすそうです。と言っても普通の手帳より厚い気はします。

あんまり薄い手帳だと、書き込む内容や言葉を選ばなくちゃいけない気がして謎のプレッシャーを感じるタイプなのですが、薄くなってもこの手帳はたっぷりめ(笑)!いい感じです。

ペンの色を変えるくらいで可愛くデコったりする器用さはないんですけど、誰に見せるでもない自分が見やすく書きやすいのが一番だと言い聞かせてますが。とはいえ毎日手にするものなのでカバーも着せた方がより愛着が湧くんじゃないだろうかと、深い緑色のデニム生地のカバーを別途ゲットしました。

はい、素敵!!!

もともと本でもカバーは掛けないタイプだったのですが、以前友人にもらった可愛い布のブックカバーを使うようになってから、今までさほど意識してこなかった布の手触りの良さやあたたかさ、あと特別感と言うか…大事にしてる感じがすごく気に入ったのです。ですので手帳にも是非布カバーを着せたい…っ!と。思った次第であります。

デジタル手帳は使いこなせないと言う理由もありますが、アナログ手帳の自由度の高さってのは本当に魅力的で、ネタ帳にしたり落書きしたり、思考の場であったり…縦横無尽に書けますし(笑)面白味があるんだなぁと今年の手帳を書きながら気づきました。

デジタルをかっこ良く使いこなせるのもちょっと憧れるんですけど、枠や罫線からはみ出ようがエラーがでない紙のおおらかさはやっぱり好きです。

2019年10月9日