来年度の手帳。

10月。今月はハロウィンがやって来て、そこからクリスマス、年末かと思うともう今年の尻尾が見えているではありませんか。わー…そうか、今年ももう終盤戦なんだなぁ。薄くなったカレンダーを破りながら、来年度の手帳はどうしようかとぼんやり考えてました。

そしてあんまり悩むこともなく、今年と同じ所の来年度版が発売されていたのでポチっとな☆数日後、無事手元に届いたのが上の画像です。

週末野心手帳2020とカバー!!
(※カバーは市販の別売りです)

今まで手帳って言うと途中でカレンダーに書けば良いやーとなり、あまり最後まで活用することってなかったのですが今年はこの手帳で完走できそうなので、相性良さげかも?と。
もちろん途中からダレてましたが(笑)、何だかんだ毎日手にとって広げてました。今年版は分厚い仕様だったので好きなことを好きなように書いてました。で、来年度は若干薄くなっているので持ち運びもしやすそうです。と言っても普通の手帳より厚い気はします。

あんまり薄い手帳だと、書き込む内容や言葉を選ばなくちゃいけない気がして謎のプレッシャーを感じるタイプなのですが、薄くなってもこの手帳はたっぷりめ(笑)!いい感じです。

ペンの色を変えるくらいで可愛くデコったりする器用さはないんですけど、誰に見せるでもない自分が見やすく書きやすいのが一番だと言い聞かせてますが。とはいえ毎日手にするものなのでカバーも着せた方がより愛着が湧くんじゃないだろうかと、深い緑色のデニム生地のカバーを別途ゲットしました。

はい、素敵!!!

もともと本でもカバーは掛けないタイプだったのですが、以前友人にもらった可愛い布のブックカバーを使うようになってから、今までさほど意識してこなかった布の手触りの良さやあたたかさ、あと特別感と言うか…大事にしてる感じがすごく気に入ったのです。ですので手帳にも是非布カバーを着せたい…っ!と。思った次第であります。

デジタル手帳は使いこなせないと言う理由もありますが、アナログ手帳の自由度の高さってのは本当に魅力的で、ネタ帳にしたり落書きしたり、思考の場であったり…縦横無尽に書けますし(笑)面白味があるんだなぁと今年の手帳を書きながら気づきました。

デジタルをかっこ良く使いこなせるのもちょっと憧れるんですけど、枠や罫線からはみ出ようがエラーがでない紙のおおらかさはやっぱり好きです。